So-net無料ブログ作成
契約関係 ブログトップ
前の10件 | -

セルジーニョが長春亜泰足球倶楽部に完全移籍 [契約関係]

噂通りにセルジーニョが中国2部の長春亜泰足球倶楽部に完全移籍。こちらオフィシャル

セルジーニョは好きな選手だったし、加入してからずっとコンスタントに活躍してくれていた。トップをやったりサイドハーフをやったり色々と動かされていたが、別の監督でどう起用されてどう活きるのか見てみたかったが、残念という他ない。

昨年終盤は精彩を欠いてしまったが、周りを活かして自分も活きるタイプだっただけに、あれだけ全体が不調だとどうしようもなかった。あの頃から移籍の話は決まりだったのだろうか。

特にACLで活躍してくれたことが印象に残っている。大舞台で勝負強かったし、もう少し鹿島にいて欲しかったが、まあ、いなくなってしまったものを言っても仕方ない。

移籍金がいくらとかいう話がオフィシャルには載らないので全然わからないが、5億円くらいはもぎ取れたであろうか。噂だけがあってこれだけ日数がかかったのだから、鹿島のフロントが粘っていい商談にしてくれたと思うしかない。

これで今季の外国籍選手はクォンスンテ、ブエノ、レオシルバ、エヴェラウド、ファン・アラーノの5人。規定人数に収まった。ACLの登録は3人+アジア枠のままだと思うが、ブエノかレオシルバのどっちかを外すことになるだろう。

DFが足りなくて苦労したことや、年齢的なことや怪我がちなことを考えればレオシルバを外すのもアリだと思う。

チーム全体の人数は32人。ACLの出場が決まれば心許ない人数である。得点源のセルジーニョが抜けたことで前線が迫力不足になったし、今からでももう一人、FWは確保しておく必要がある。

上田もU23で怪我して復帰微妙のようで、染野も怪我から復帰したばかりのうえに新人。土居はシーズン通して出場して5点だったし物足りない。伊藤もバッタリ止まったし・・。エヴェラウドだけで乗り切るのは無理かと。

川又は千葉に決まったようだし、ハーフナーも甲府の練習に参加しているのでそっちで決まるだろう。どこかに有望な選手がいないか、フロントの目利きが試されるところ。

こういうことなら山口が残っていてもチャンスがあった気もするが、山口にとってはシーズン通して出場出来る環境の方が伸びるかもしれない。ここ数年、鹿島からレンタルで出て帰って来て活躍した選手はいないが、大化けして来年以降のエースになってくれないかなと期待しておく。

FWの不足、2列目のアタッカー不在、右サイドバックが広瀬の当たり外れ及び伊東の復活にかかっていることなど。右サイドバックは小泉に専念させてもいいのでなんとかなりそうだが、アタッカーとFWが心配。

荒木、松村のどっちかが2列目で起用出来る目処が立ち、FWで上田か染野のどっちかが土居、伊藤を脅かせる存在になれればいいが、非常な現実を突きつけられた場合のプランも練っておいて貰いたい。最悪、町田のポストプレー要員とかね。

セルジーニョの移籍が決まったことでもう一人の補充があると信じ、今年初戦となるACLプレーオフを待ちたい。

ちなみにスカパー契約の方はまだ迷っているというか、多分、見送る方向で考え中。理由はまた次の機会に書くが、一番の理由はその日は用事があってどのみちライブでは観れないので、というところ。

新チームの布陣や戦い方も是非とも観てみたいんだけどね。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

今季の新人は山田、荒木、松村、染野で、コーチに相馬直樹と熊谷浩二が就任 [契約関係]

新人は4人。鹿島ユースからはGKの山田のみで、ユース育ちが曽ヶ端、沖、町田、土居とだいぶ少なくなって来た。

即戦力級で期待がかかっているのが染野と松村だが、染野は疲労骨折による腰椎分離症とかいう腰の大怪我を抱えていて昨年11月から全治3ヶ月とかだったから、少なくとも夏くらいまでは活躍出来るとは思えない。

無理にやって悪化させても良くないので、一年目はサブで出られれば良いというくらいに思った方がいいかもしれない。

松村はセンスのあるMFという話なので期待はしているが、入団前の評価はだいたいがそんな感じなので長い目で見たい。

荒木もボランチからトップ下、サイドハーフと色々なポジションが出来て、戦術理解度も高いいい選手らしいのでうまく育って欲しい。

山田はGKなので当分先になるだろう。

ただ、このところ鹿島は有望な選手を取ってもトップでの出場機会がないまま2~3年目でレンタルで出し、結局、そのまま移籍になってしまうことが多い。ここ数年でレンタルで出して帰って来て戦力になったのは誰だ? 平戸でも無理だったし。

願わくば染野や松村、荒木(山田はもっと先)にはこのまま戦力になって貰いたい。機会があればザーゴには積極的に起用して欲しいと思っている。

日本人コーチとしては相馬直樹と熊谷浩二の二人が就任。さすがに鹿島OBの名前をなくしてしまうわけにもいかなかったか、名を連ねて来た。二人がどのくらいの能力を持っているのかわからないのだが、ザーゴら外国人スタッフと選手の間をうまく取り持って欲しい。

将来的には小笠原や本山、岩政のスタッフ入りを熱望しているのだが・・。相馬はザーゴの保険でないことを祈る。ダメならダメでちゃんと他の監督を当たって下さいよ?

ベテラン組の曽ヶ端、内田、遠藤、山本は契約延長の模様で、どの選手もサブかベンチ外からサポートという感じになるだろう。というかそうならないと補強の意味がない。

しかし、全部が全部、新加入でチームを組んでしまうと「20冠」の意味合いもなくなるし、今までの鹿島を知る選手が必要なのは確か。完全に入れ替わってしまう前に、鹿島のいいところの伝統を受け継いで欲しいと思う。

「身内に甘い」という悪しき習慣は引き継がなくて良い。

移籍金などでお金を使ってしまったぶん、稼働率の低いベテランはそれに見合った年俸に下げるとかでバランスは取って欲しいと思うが、経営が成り立っているなら特にこだわるところでもない。

ただ、曽ヶ端に関してはそろそろ第3キーパーでお願いしたい。クォンスンテも35歳、曽ヶ端は40歳でこのままだと未来がない。今の曽ヶ端の反応力やセービング能力は飛び抜けて優れているわけでもなく、ならば多少のミスには目を瞑って第2キーパーには沖を積極起用して貰いたい。

これでだいたい移籍情報がひと段落つき、既にチームは始動しているというオフの短さにはびっくりだが、新体制の下、戦う集団になっていくことを望んでいる。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

ファン・アラーノとエベラルドの外国人選手が完全移籍で加入 [契約関係]

やっと外国籍選手組・・。まとめて書いたのでどこかで話が行き違っている気もするが、その場合はご容赦を。

ファン・アラーノがSCインテルナシオナル(ブラジル)より加入。「ファン アラーノ選手が完全移籍で加入」

噂では移籍金は2億ほどとか。攻撃的なMFだが身長172センチ、69キロとやや小柄な感じ。23歳とまだ若い。

得点に直結するスルーパスを出せるという話なので、それが本当なら今の「パス練習攻撃」からは解放されるだろう。ズバッと前線にパスを出して欲しい。

むしろ前を走らせるくらいの感覚で容赦なくやってくれても構わない。少なくともレアンドロよりは使える選手でないと、レアンドロ熱望サポからは総叩きに合うだろう。

ボールの収まる選手であってくれればいいなと願っている。

エヴェラウドがケレタロFC(メキシコ)より完全移籍で加入。「エヴェラウド選手が完全移籍で加入」

こちらも噂では移籍金が1億8000万円ほどだとか。28歳。181センチ80キロの大型FWで、フィジカルも強くて得点力のあるタイプらしい。

パワーがあって高さもあるセンターフォワードは、ここ数年の鹿島に絶対欲しいピースだと思っているので、真ん中でガツガツと相手CBとやり合って欲しい。

セルジーニョとのダブル外国人FWを見てみたい。昔は、鹿島は必ずFWの一人は日本人を入れる、というポリシーがあったが、そうも言っていられない時代。

土居は器用だが得点力もないし、競り合いにも弱い。伊藤はサボり過ぎ。上田は動き出しはいい、と言われているが終盤は低迷していたし、肝心の決定力に欠けている。

欲を言うならもう一枚、日本人でスピードのあるタイプか、献身的に前から追ってくれるタイプのFWが欲しいところ。

結構な資金を注ぎ込んだこの外国人2人が即戦力で活躍してくれればいいが、ポシャると途端に攻撃陣が立ち行かなくなる恐れもある。ちゃんと機能するだろうか。

そして、2人が活躍したら今度は外国籍選手がクォンスンテ、ブエノ、セルジーニョ、レオシルバ、ファン・アラーノ、エヴェラウドの6人になり枠の問題で誰かが省かれる。

全員が好調なこともないだろうから入れ替えを想定すれば6人でも余裕があるとも言えるが、ACLの登録は難しくなりそうだ。怪我で抜けがちな選手をあらかじめ外しておくのが無難だと思うが。

レオシルバとセルジーニョの残留はどうなっているのだろう。子供が生まれたセルジーニョがブラジルのクラブに移籍とかいう噂もあったが、個人的にはセルジーニョを高く評価しているので抜けて欲しくはない。

レオシルバについては微妙。年齢的な面もあるし、ムラのある部分だったり、割とアバウトなパスやボールを持ち過ぎるところとか、「チームで戦う」という面でマイナスになっているのではと感じる部分も多い。

監督が指導して言うことを聞かせられるならばいいのだが、大岩政権ではかなり大きな裁量を任されていたというか、自由気ままにやっている雰囲気もあったもので。

前にも書いたがベンチに置いておけるくらいのチームになれば問題ないが、本人のモチベーションを考えるとそれも難しいし、そこのへんまで考えると移籍もやむなしとも思っている。

それにしてもこの二人だけで移籍金が3億8000万円となり、杉岡が2億くらいとすれば5億8000万円。他がどれくらい移籍金がかかったのかわからないが、相当な資金を注ぎ込んだことになる。経営の方は大丈夫だろうか・・。

メルカリも赤字だが、小泉社長、そこのへんはしっかりして下さいよ?

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

永戸、広瀬、杉岡、奈良、和泉が完全移籍で加入 [契約関係]

移籍情報が一気にあり過ぎてちょっとずつ消化中。完全移籍で加入の日本選手組。

永戸がベガルタ仙台から完全移籍で加入。「永戸選手の加入について」

(1月で)25歳。173センチ73キロと平均的なサイズ。左サイドのスペシャリストとの評判で、昨シーズン2得点10アシストと攻撃的な選手。10アシストはJ1アシスト王とか。

左サイドバックと左サイドハーフを出来るという話なので、町田はお役御免で本職のCBに専念という形になるだろうか。

広瀬が横浜F・マリノスより完全移籍で加入。「広瀬選手の加入について」

23歳。176センチ68キロとこちらも平均的なサイズ。

右サイドバックが本職で、昨シーズンは怪我であまり出場機会がなかった様子。リーグ王者となったマリノスからの移籍なので、本人も期するものもあるだろう・・と思っている。

永木がずっと無理やり右サイドバックで起用されていたので、これでようやく永木も本職に戻れるはず。

内田は怪我が多いのでアテに出来ないとして、伊東もそろそろ本格的に復帰出来るだろうし、小泉を含めて右サイドバックをこなして欲しい。

杉岡が湘南ベルマーレより完全移籍で加入。「杉岡選手の加入について」

21歳。182センチ75キロと大型の左サイドバック。オリンピック候補であり、ポジション的にクラブでも代表でも町田と直接に争う感じになる。

杉岡は違約金が2億とか報道されていて、鹿島は一旦引いたということらしいが、杉岡自身が鹿島に来たいと熱望して移籍が実現したとか。

国内選手の移籍に2億はさすがに払い過ぎだと思うので、もしそのままの金額だとしたらよほど活躍してくれないと採算が取れない。海外志向も強そうなのですぐに移籍してしまいそうだが、そのへんはちゃんと契約は出来ただろうか。

新加入の永戸との争いになるだろうが、左サイドバックを立て直して欲しい。

奈良が川崎フロンターレより完全移籍で加入。「奈良選手の加入について」

26歳。180センチ74キロ。いまいち頼りない犬飼を軸にしないといけなかったCBに、奈良が加わったことで厚みは増した。

奈良個人の印象としては前にも書いたが荒いプレーが多いという感じ。ただ、逆に最近は鹿島のディフェンスはおとなし過ぎる雰囲気もあったので、むしろ気合いが注入されて良いかもしれないと考えてみる。

高さには強いイメージなので、前からプレスに行けるようになればロングボールを弾き返してくれそうで守備は安定するかと思う。

和泉が名古屋グランパスより加入。「和泉選手の加入について」

26歳。173センチ72キロ。MFで、決定的なパスが出せる名古屋の主力選手。

相馬のレンタルバックがオフィシャルで発表されており、代わりに和泉を引き抜くとか味方ながらエゲつないと思うが、名古屋サポには恨まれるだろう。

ここまでやったらもう鹿島は、たとえ主力が引き抜かれようとも、よそのクラブの移籍に関しては絶対とやかく言えない。せめて主力として鹿島の立て直しに力を発揮して貰いたい。

以前にもオファーを出したが断られたとかいう経緯があったという話も聞いているが、縁が出来たからには頑張って欲しい。

この補強でDF陣がまるまる入れ替えになった。サイドバックは両方足りていなかったので的確な補強だが、CBを任されていた犬飼としては奮起して貰いたい補強でもある。ひと皮剥けるのか、あくまで中堅クラブの実力のままなのか。

日本選手組の補強が全部当たれば後ろは安泰、というくらいの「これでもか」感のある補強となった。あとは監督がどう組み立てるか。

特にディフェンスの連携は難しいと聞いているので、しっかりと力を出せるよう組み立てて欲しい。

このままの選手でスタメンで組むなら、天皇杯まで戦ったメンバーはもう1週間くらいオフでもいいと思うのだが、そうもいってられないのかなあ。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

レンタルで出て行くのが有馬、小田、山口、レアンドロ、相馬のレンタル終了 [契約関係]

レンタルで出て行く組のまとめ。

有馬が栃木SCにレンタル移籍。「有馬選手が栃木SCに期限付き移籍」

天皇杯に2試合出ただけなので印象が薄いが、サイズもあってスピードもあるので、うまく成長すれば楽しみな選手ではあるが、今すぐに出場出来るほどではないので修行に出るのは良い選択。

まあ、伊藤がファーストチョイスの今ならば頑張れば鹿島でも出場の可能性はあるだろうが、常に試合に出て試合勘を磨くのも良いだろう。

小田がFC町田ゼルビアにレンタル移籍。「小田選手がFC町田ゼルビアに期限付き移籍」

両サイドバックが本職でない選手を使う状況になった昨シーズン。あれでベンチにも入れないのなら、レンタルでも仕方ない。

ヘディングの強さには定評があるものの、守備時の戻りの遅さとかところどころの雑なプレーとか気になる部分は多い。そういった基本的なところを、試合に出続けることで磨いて鹿島に必要とされる選手になって欲しい。

山口が水戸ホーリーホックにレンタル移籍。「山口選手が水戸ホーリーホックに期限付き移籍」

山口は加入時にはキレもあってシュート力もあり、積極的に打って行く姿勢にも好感が持てたし、かなり期待していた。

それが2列目にコンバートされたり、試合に出れなくなったりしているうちに低迷し、プレーに迷いが出るようにもなった。これは大岩の指導にも大きく責任があると思っているのだが、選手として一番成長出来る時期に良き指導者に会えなかったのは不運とも言える。

まあ、超一流選手はその程度は簡単に乗り越えられるものだが、山口はちょっと巡り合わせが悪かったかと。

コメントでも自身の不甲斐なさを痛感しているようなので、水戸でレギュラーを張ってなんなら得点王にでもなって鹿島に凱旋して貰いたい。もっとも、そうなったら帰って来てくれるかはわからないが。

レアンドロがFC東京にレンタル移籍。「レアンドロ選手がFC東京に期限付き移籍」

レアンドロは何度も書いているように活躍したのがレンタルで在籍していた半年くらいだけ。高い移籍金を払った後に大怪我をして、その後のパフォーマンスはさっぱり。ベンチ外になることも多く、たまに出場したもギラギラ感もなくだらっとプレーしていた。

未だに掲示板ではレアンドロ待望論が多いが、もう最初の時のような爆発力は期待出来ないと思っている。

昨日の記事にも書いたように移籍なら完全にして移籍金を貰いたかったが、これだと来年契約が切れたら無償で手放すことになり、相変わらず商売が下手だなあという印象。

契約で鹿島と対戦する時には出場出来ないが、FC東京でキレが復活するのかどうか。やる気のない態度だったりとか、あまり好きではないので正直どっちになっても構わない。

あとは金沢にレンタル中の垣田がどうなるかだが、噂ではそのまま延長とか。逆にレンタルしている相馬は名古屋にバックする模様。

もうひとつ付け足すなら、ガム噛み行為で鹿島の品位を落とした関川も何か月か出場停止と、他のクラブで修行し直して欲しいと思っている。

昔、素行の悪かった柿谷が徳島にレンタル移籍となり、そこでもう一度真面目にサッカーに臨む姿勢を取り戻して一流の選手になった。それと同じように、鹿島も厳しい姿勢を見せて貰いたい。このまま御咎めなしだと、関川が出て来ても素直に応援出来ないからなあ。

(追記)
相馬の名古屋グランパスへのレンタルバックが決定。「相馬選手の期限付き移籍満了」

鮮烈デビュー後、すぐに怪我してしまってほとんど活躍出来なかったが、「欲しい選手」と思わせるインパクトはあった。

和泉の獲得が決まったのでレンタルバックになるのは想定済だった。縁があればまた鹿島に来ることもあるだろう。鹿島との対戦以外で大暴れして貰いたい。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

完全移籍で出て行くのが川俣、金森、中村、チョンスンヒョンと小池のレンタル満了 [契約関係]

完全移籍で出て行く組とレンタルで出て行く組で分けてアップ。まずは完全移籍組。

川俣が東京都社会人サッカー連盟1部リーグの南葛SCに移籍。「川俣選手が南葛SCに移籍」

鹿島に在籍していても出場機会がないので仕方ない。GKの息は長いので、川俣にはここからサッカー人生を満喫して欲しい。

金森がサガン鳥栖に完全移籍。「金森選手がサガン鳥栖に完全移籍」

レンタル先の鳥栖にそのまま移籍になって良かった。鹿島では金森のプレースタイルに合わなかったし、在籍していてもどちらにとってもメリットがない。まだ若いので鳥栖で頑張って欲しい。

中村がモンテディオ山形に完全移籍。「中村選手がモンテディオ山形に完全移籍」

中村の在籍期間は結局7年になった。正直、加入時の期待に応えることはなかったと思う。レアンドロ・中村で2列目を組んだ大岩就任時の数試合がピークだったかと。

もっと早く、旬を言うならセレッソにオファーを貰った2年前に移籍していたら良かった気がするが、本人の判断(あるいはフロントの慰留)で思い留まった。ちょっと遅い移籍かと。

山形に移籍となったが、個人的には京都に戻って昇格に手を貸して欲しかったなと思う。残念。

チョンスンヒョンが蔚山現代FCに完全移籍。「チョンスンヒョン選手が蔚山現代FCに完全移籍」

兵役もあるという話で、外国籍選手枠もあったのでこの移籍は仕方ない。2年前のシーズン、途中から入ってくれてACL優勝に大きく貢献してくれた。

昨年は何故かパフォーマンスが低下して期待ほどは活躍出来なくなったが、環境が変わればまだ力を発揮出来るだろう。対戦する時にやられないようにしたい。

小池のシント=トロイデンVVからのレンタル期限満了。「小池選手の期限付き移籍期間満了」

小池が活躍したのは安西が抜けた直後の数試合。守備の不安と、左足しか使えない弱点が露呈してからは構想外になった。

もしかしたら買取価格の高さから早々に構想外になったのかもしれないが、これ以上の伸びしろを感じなかったしレンタルバックは妥当かと。

掲示板では小池を推す声もあったが、出ていない選手の期待が高くなるのはあるあるなので、多分、それなりに終わったと思われる。シントに戻って、実力をつけてから改めてオファーしたくなるような選手になって貰えれば。

あと、個人的にはシント=トロイデンやポルティモンセには不信感しかないので、あまり取引して欲しくないと思っている。

どの選手もレギュラーを張れなくなっているので、いい移籍かと。それぞれが移籍先で活躍してくれればいい。

明日はレンタル組のまとめをアップする予定だが、レアンドロはFC東京にレンタル。高い移籍金を払ったので少しでも回収したかったのだが、向こうが渋ったのかこっちがまだレンタルバックで戻して活躍の機会があると判断したのか・・。戻る機会はないだろうし、完全移籍が良かったな。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

新監督にザーゴが就任、他の情報が一気に・・ [契約関係]

一気に移籍情報が出たが順番にまず監督から。

噂通りにブラジル人のアントニオ・ザーゴ・カルロスが新監督に就任となった。こちら→オフィシャル。登録名もザーゴなのでそう呼ぶことにする。昔、柏でプレーしていたこともあるらしいが全然覚えていない(その頃はアントニオだとか)。

コーチ陣にはカルロス・エドゥアルド・パシェコ・ダ・シルバ、ギリェルメ・アウグスト・デ・メロ・ロドリゲス、ウェリントン・ベルト・デ・オリヴェイラの三人が就任。ザーゴを含めて全員知らないのでどんな人なのかもわからないが、身内人事から離れたので厳しく指導して貰いたい。

ジーコがTDとして契約延長になったとのことで、ザーゴはジーコが憧れの人物ということで鹿島を選んでくれたのかもしれない。

ただ、ジーコスピリットの威光というかブーストが完全に切れたようで、関川の表彰式の態度とかも含めて、もう一度初心に帰って心を糺して貰いたい。

前歴のCAブラガンチーノ(ブラジル)では1部昇格を果たして引き留めも強かったようだが、なんとか契約がまとまった。そのへんの裏側の事情は良くわからず、一部噂では前クラブとの契約で裁判になるかもとか、違約金が多大だとかいう話もあったが・・。

監督を含めて選手も多数入れ替えるので財政的に厳しくなる気もするが、赤字にはならないようにやりくりして欲しい。高く買って安く手放してしまう商売下手な鹿島のことなので、そのへんも心配している。

ちなみに、怪我人ばかりが増えて気になるので、クラブハウスやカシマスタジアムの芝を張り替えてはどうかと思ったりもする。DAZNの理念強化配分金があるので、こっちに注ぎ込んで整備したり出来ると思うのだが。

新監督の任期が何年なのかわからないが、選手の大幅入れ替えを含めて、すぐに結果は求められないだろう。

1月28日にすぐさまACLのプレーオフがあるが、最悪、そこで負けてしまうこともあるかもしれない。あまりバタバタせずに、少なくとも1年は様子を見ないといけないとは思ってはいるが、結果が出ないと我慢出来るかなあ・・。

四冠とか言って今年も無冠に終わるとか恥ずかしいので、個人的にはリーグ戦を最重要視しつつ、他のタイトルも上を目指すような感じでいって欲しい。

全部のタイトルを獲るというのは理想だが、四冠を口にした頃から「驕り」が見えたようにも感じたし、目標もブレていた。ACLを獲得した時は「悲願のACLを」という気持ちがまとまっていたし、まずは目標を絞りたい。

天皇杯を獲った神戸が早速、四冠とか言っているが、まあ頑張って。

各ポジションで競争意識を植え付け、レギュラー固定で怠慢プレーを招くようなことをせず、2チームぶんの戦力を作るようなシステムを構築して貰いたい。前の記事にも書いたが、レオシルバを控えに回せるくらいのチームにしたい。

DF陣がほぼ入れ替えになり、噂通りなら攻撃陣にも新外国人が2人になる。これだとオフの短さはあまりデメリットにならず、新戦力だけでプレーオフを戦えるのではと思ったりする。

まあ、連携の部分でマイナス面はあるだろうが、天皇杯まで戦ったメンバーはオフを多めに取って怪我を防止してくれたらなと思う。

ちなみに相馬のレンタルは1月31までなので、レンタルバックだとしてもACLのプレーオフに無理やり出場させられるのだが、その後の登録枠を1つ無駄にするのと、名古屋サポからの反発があるだろうから実現はしない。

そうそもいなくなる人に頼らないと立ち行かないチームに未来はないだろうし、このままレンタルバックで普通に返すことになるだろう。代わりに和泉を獲るとか他サポからの反感を招きそうだが。

コーチングスタッフも退任となりこちら→オフィシャル。黒崎と里内がアントラーズアカデミーコーチに、羽田が松本山雅、小杉がセレッソに行くとのこと。ユースのスタッフも一新して欲しいと思っている。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

大岩監督退任 [契約関係]

大岩監督の退任がオフィシャルにて発表された。

去り行く人に言うべきではないかもしれないが、やっと「責任」を取ってくれたのかと。安堵している。

次の監督が誰になるかもわからないし、今よりも悪くなる可能性はあるものの、ずっと停滞している空気だけは変わると思っている。大崩れはしないが突き抜けもしない、というのはタイトルを狙うクラブとしてどうなんだろうという想いはずっとあったもので。

ただ、悲願のACLを獲ってくれたことだけは感謝している。これがなければもっとボロカスに言っていてもおかしくないが、お疲れ様でしたと申し上げておきます。

大岩の監督の底は知れたし、初年度から上がり目はまったく感じなかったので、限界が見えていたから仕方ない。

マリノスのあの劇的な変わり様を見れば、鹿島としても色々と変わっていかないと取り残されてしまう。遅すぎる決断だったと思うが、来季に向けて光が見えたかと。

後は今いる選手たちが、というか選手たち「も」責任を感じて、身を引いた大岩のために天皇杯という残されたタイトルを獲得するための根性を見せられるかどうか。

このまま弛緩した空気で敗退してしまったら大岩の人望も疑われるし、最後は良かったねで終われるように力を振り絞って貰いたい。特に調子の出ない時にも優遇されて来た内田とか伊藤とか。恩義を感じてくれたらいいものだが。

大岩の退任が決まったことでもっと動きがあるだろう。年齢的に曽ヶ端やパフォーマンス的に内田とか山本とか。出場機会のなくなった小池やレアンドロ、山口、中村。外国籍枠でチョンスンヒョンなど。

天皇杯が残っているだけに思い切り改革していくのは難しいかもしれないが、タイトルはタイトルとして、来年へのチーム作りも並行してちゃんとやって欲しいと思う。

ユースのスタッフ整理もよろしく。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

夏のウインドー終了 [契約関係]

夏のウインドーで鹿島から出て行ったのは安西、安部、鈴木、平戸、金森。

加入したのが小泉、相馬と上田が大学サッカーを退部して鹿島に専念と、差し引きで言えばマイナスになったが、加入した3人が既に大活躍していることからマイナス感があまりない。

元々、今季は鈴木はずっと怪我だったし、平戸や金森はポジションを失っていた。安部もイマイチなデキだったので、実質安西が一番痛かったが、海外志向でいずれ出て行くことを思えばまだ小池の補強が間に合っただけ良かったとも言える。

その小池はメリットの面もあるが、脆さも見せ始めていて気にはなるので、今年は山本とうまく回しながら、小田か佐々木が戦力になっていってくれれば。体力的に連戦も利かないそうだし。

小泉は本職のボランチではない右サイドバックでの起用だが、柏でベンチ外だったところを「拾ってくれた」と鹿島への感謝を口にしてくれていて、プレーぶりも献身的で助かっている。何より永木の苦労を軽減してくれたことが嬉しい。

それでも永木はサイドハーフとかで出されているのだが・・。今季年俸を一番上げて欲しい選手。

上田もマリノス戦で勝利に貢献するゴールを挙げたし、相馬も2試合目でいきなり値千金のゴール。カットインからの左足の強烈なシュートで、「左利き?」と思ったくらい。あのプレーを見ると遠藤の選択肢が消えてしまうのも無理はない。

とはいえ遠藤には経験値もあるし、パスも出せるのでまだまだやって貰いたい。いずれ頼りにする場面が出て来るかと思う。中村は・・うん、まあ・・。思えば結構な年齢になっている。

相馬は名古屋に加入半年でレンタル移籍してきたので、活躍すればすぐに海外移籍になってしまうだろうし、そもそも名古屋から買い取れるかが問題だが、買い取りオプションはつけているだろうか。このまま鹿島に移籍してくれれば、少なくとも来年1年は活躍して欲しい。

ついに「絶対的な存在」は加入しなかったが、バランスの良い補強をしていて、怪我人が戻って来た大分戦のベンチメンバーも豪華だったし、あとは監督の腕次第となるか。怪我人さえ出なければ戦っていけるかなという印象。

ACLの登録でチョンスンヒョンかブエノかどっちを選択したのか調べたいのだが、探しても見つからない。天皇杯、ルヴァンカップなど選手を入れ替えつつ、勝ち星を重ねていって貰いたい。

他のクラブで気になったところは大量放出のガンバ。11人アウトで5人イン。入った方が井手口、パトリック、宇佐美など即戦力なので大きな戦力ダウンではなさそうだが、今野やファンウィジョ、食野、オジェソクなど主力が抜けている。

鹿島とは次に当たるが、馴染まないうちにやりたい。鹿島的には苦手なパトリックが入ったのは嫌かな。

神戸もアウトが5人でインが6人。主力級ではキムスンギュが抜けて、加入が藤本、酒井高徳、飯倉の他に外国人2人。

名古屋も大量アウトで8人を放出、インが3人。主に小林裕、金井、相馬(鹿島が引き抜いてゴメン)、マテウスらが抜け、太田宏が入ったくらい。

マリノスはアウト7人、イン6人で、このクラブは最近しょっちゅう入れ替えているイメージがある。三好、飯倉、天野らが抜け、マテウス、エリキなどが加入。天皇杯で対戦することになるが、登録の関係でむしろ三好が抜けたぶん有利かもしれない。

FC東京は久保、チャンヒョンス、太田宏が抜け、三田とオジェソクが加入。久保が大きな穴と言えそうだが、ここは永井とディエゴオリヴェイラが、どこまでフル稼働出来るかにかかっている気がするかな。希望的観測を込めて、疲労か出場停止で抜けた時がチャンス。

以上、夏のウインドー。鹿島は左サイドバックとサイドハーフのどっちかにもう一枚欲しかったが、欲を言えばキリがない。いるメンバーで戦っていこう。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ

相馬が名古屋からレンタル移籍で加入 [契約関係]

相馬が名古屋からレンタル移籍で加入。こちらオフィシャル

補強はあると信じていたがFWの補強とは・・。パワーとスピードがあって、前でゴリゴリと行ってくれるタイプで、相手にすると厄介な選手だが、正直、鹿島に必要なタイプかと言われれば微妙な気がする。

金森も加入した頃は同じように「スピードがあって得点能力に優れる」という感じだったが、結局、2列目をやったりしているうちに迷走して、レンタルで出て行くことになった。

どちからと言えばFWで欲しいのは身長があってフィジカルが強く、足元のボールもハイボールも収めてくれるポストプレーが出来る選手。小柄な選手を集めても、鹿島は裏のスペースにロングボールを蹴り込むような戦術を取らないので、相馬の長所を活かせるのだろうか。

FWは土居とセルジーニョを軸におくとして、一発タイプの伊藤と、使えば良くなりそうな上田、個人的に覚醒を期待している山口と人材は揃っていて、先に書いたポストプレータイプでないと意味がない気がする。

たとえばサブに伊藤、上田、相馬と置いておいても同じような役割しか出来ないような。

これは戦略としての話であって相馬自身が要らない選手だと言っているわけではなく、鹿島を選んで来てくれた時点で嬉しいが、鹿島で活きるかどうかが問題だという話。金森もそうだが、さっぱり話を聞かなくなってしまった中村も然り。

チームが守備に難点を抱えているということから、CBとサイドバックをこなせる起用なDFが一番欲しくて、パスも出せて守備の強度の高い2列目の選手が次に欲しかった。

まあ、縁がなくて出て行き、しかも川崎に所属しているのが嫌だという子供じみた理由でアレだが、タイプだけで言えばちょうど山村がぴったりハマる。オファーすることはないと思うが。

今のままだとその役割をブエノか関川がこなさなくてはならず、小池が意地を見せてくれて山本が怪我なくやれればなんとかもつかもしれないが、犬飼が怪我で離脱した時点で後ろは詰みそうだ。関川を思い切って使うつもりがあるなら話は別だが。

三竿にCBをやらす羽目になったら、永木の右サイドバックといいどれだけ人材を無駄使いしているのだということになる。

小泉が右サイドバックをやれるようになって永木がボランチに戻れば、名古の2列目とかもあるかもしれないが、土居をまた2列目に下げるとかすればキレがなくなるように思う。

セルジーニョの2列目はゲーム途中に攻撃のオプションとして選択するのアリだが、守備でやられるのでスタメンからやれる戦い方ではない。

2列目を白崎とレアンドロ、遠藤だけで回していけるはずがなく、山口と中村を足してもやっぱり足りない。白崎の疲労も気になるし、何か考えはあるのだろうか。

ともあれ、相馬は相馬で頑張って欲しい。大岩イズムだと加入後、ある程度の期間は寝かせる感じなのですぐに出番は巡って来ないだろうが、半年のレンタルなので放っておいたら碌に出られないまま終わるということも有り得る。しっかりアピールして貰いたい。

それから、アトレチコPRと戦った湘南は0-4での完敗。レギュラーメンバーでやったのかどうかは疑わしい話だが、よそのことに文句をつけても仕方ない。

というか何回も言っていてしつこいが、鹿島と浦和の試合を1週前に繰り上げていれば、湘南と鹿島の試合を金曜か木曜に前倒しも出来たし、そうすると夏場での中3日を回避して中4~5日で湘南も戦えたんじゃないだろうか。

無駄な中断期間だったという思いがずっと残っている。負けたから言ってるように取られて不服だが、不公平な日程は随時改善されていくように言い続けていこうと思う。

↓いつもありがとうございます。よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さっかりん



共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - 契約関係 ブログトップ